広告

2016年8月8日月曜日

薪ストーブ工事1

乾燥している薪
一年かけて乾燥させている薪

気が付けば5年

薪ストーブ生活を初めて5年過ぎました。薪ストーブを始める
為には、かなりの覚悟と労力がいります。
特に費用をかけないのであれば大変苦労します。

私の経験からお話ししましょう。
思い立って調べるとストーブを設置する為の準備
(機材・設備工事)に費用がかかることでした。

設置からの経過をご紹介いたします。これから薪ストーブを
設置したい方に役立てば幸いです。

費用はどれぐらい

ストーブ本体とは別に必要な費用
・ストーブを設置する場所
 炉台と炉壁

・煙突工事
 既存の住宅では、煙突設置のための工事が発生する。
 垂直に設置するには、天井から屋根を貫通する工事が必要。

・二重煙突
  ドラフト効果・・・暖かい空気が上昇することを利用して
  排煙することドラフト効果を最大限に引き出すには、
  煙突はなるべく曲げずに垂直が望ましい。煙突の温度が
  下がるとドラフト効果が低下するので断熱材を挟んだ
  二重煙突が必要。

・これらをすべて専門業者に任せると100万~200万円に
 なる計算でした。更にストーブ本体の購入額が加わることになり
 大変な金額でした。

自分で作るしかない

自作のストーブ工事は、次回からご紹介いたします。