広告

2016年8月31日水曜日

薪ストーブ工事3

屋根を貫通させる工事

取り付けるためには、屋根裏を調べて切れない梁などを避けて
位置を決めます。
薪ストーブの設置場所を慎重に決めてから工事にかからないと
取返しがつかなくなります。
我が家では、更に垂直にするために二階の軒先を切る工事も
しなくてはいけなくなりました。

チムニー構造チムニー構造

チムニー

煙突を屋根に直接貫通させるフラッシング工事は、恐らく無理と
思われるので、私でも工事できそうなチムニーと煙突の
組み合わせにしました。
※チムニーとは、サンタクロースが入ってくるような大きな煙道と
 思って下さい。
※フラッシングとは、煙突が屋根を貫通する場合に使用する
 水切りです。
 つまり水漏れをしないようにする工事のことです。

工事するために、屋根に作業用の足場を作る。
チムニーの大きさは内寸で50㎝×50㎝、長さは、天井から屋根上
まで150㎝ になりました。
チムニーに必要な間口を電動カッターで開ける。天井裏の桟などを
切り梁に断熱ボードを張り付けたチムニーを設置します。

防水処理防水処理

防水処理

防水処理は、スレート屋根のスレートを切りだしてコーキング材で
縁を高くして防水する。
更にチムニーとの間を5㎜ほど開けてその隙間を防水コーキングで
充填する。
5年経過しておりますが防水機能に不備はないようです。
初めてのコーキングでかなり雑でへたくそだったのですね。

常に防水の点検はしており少しでも不備があればすぐに
補修して塗装をしています。おかげで5年無事に経ちました。

ハゼ折で防水ハゼ折で防水


防水塗装

チムニーの外側に、トタンを被せて防水塗装します。
トタンの継ぎ目は、(ハゼ折り)にする。
※ハゼ折とは、つなぎ目を折り返して水などの侵入を
 抑えるつなぎ方、強度も増す。
細部を点検して隙間があれば防水テープやコーキング剤で塞ぐ、
更に屋根用の塗料で仕上げる。
回りにサビ色が見えますが、これは、タールや煤の汚れです。

チムニー上部天井部分(チムニーの下部)


天井部分

屋内の天井部分は、チムニーの大きさに合わせてトタンで覆い
内側にはロックウ-ルを敷き詰める。

経費

費用は、コンパネ、断熱ボード、コーキング剤、塗料、
トタンなどで3000円程度でした。労力と時間を経費に
するとかなりになるでしょう。

期間は4か月

最終的に完成するまでの期間は4か月(6月~9月)ですが、
本業(ハーブティー健康茶専門店(百華茶苑))の合間のため
実際の作業時間はこれよりかなり少なくはなります。